こんなのもあったのね。。。

お薦め情報満載です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted at --:-- | スポンサー広告

Ping送信とトラックバックのパーフェクトツール!アクセスアップ+SEOの究極系がついに実現!Ping Revolution

ドラえもん「最終話」同人誌制作の男性、小学館と藤子プロに謝罪
INTERNET Watch
小学館によると、男性はドラえもんの最終話とする内容の同人誌を制作し、同人誌専門書店などに委託して500円程度で販売していた。内容は、1998年頃に男性とは別のファンがインターネットで公開していた「ドラえもんの最終回」のストーリーを基にしたもので、これまでに約1 ...(続きを読む)



ドラえもん「最終話」販売していた男が謝罪
藤子・F・不二雄さんの人気漫画「ドラえもん」の「最終話」と称して偽のストーリーを勝手に漫画化して販売していた男性が、発行元の小学館と藤子プロからの警告を受けて29日までに謝罪し、売上金の一部を同プロに支払った。(続きを読む)


「ドラえもん」最終話
「ドラえもん」最終話、勝手に作る=出版の37歳男性が謝罪 ふむ。 とはいえ、あの最終話がものすごい名作だったことは見た人なら誰でもわかることでありまして。 小学館さんは「同人活動」について、どう思っているのか知りたいところですね。 ...(続きを読む)


ドラえもんの最終回ってあるの??
ドラえもんの最終話を勝手に作って販売していたのは「田嶋・T・安恵」と名乗る37歳の男性。2005年秋ごろに漫画化し、一部約500円で書店に販売を委託し、昨年夏までに約1万3300部を販売したとみられています。男性は出版元の小学館と著作権を持つ藤子プロ ...(続きを読む)


ドラえもん最終話
ドラえもん「最終話」同人誌制作の男性、小学館と藤子プロに謝罪. 個人的には現行の著作権法に著しく批判的な立場だが、それはそれとしてなかなか興味深い出来事に見える。 著作権法に照らせば、巷に溢れかえる同人誌のほとんどが違法だし、ネット上の ...(続きを読む)


本当のドラえもん最終話
A94 「最終話」の偽のストーリーは、「電池切れで動かなくなったドラえもんが、三十五年後にロボット工学の研究者になったのび太によってよみがえる」という話。この男性は「田嶋・T・安恵」の著者名で二十ページの漫画冊子を作製。2005年秋からネット ...(続きを読む)



たった1記事の無料ブログと、1日10分の仕込み!あとはパソコンの電源をつけておくだけで稼げました!17日で月収160万円安定を手にした私だけの稼ぎのネタ!!

スポンサーサイト

posted at 22:20 | 情報 | TB(0)

leaf この記事に対するトラックバック

crown 売れ筋!

crown RSSフィード
crown リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。